忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/24 10:31 】 |
母親の賠償請求を棄却=市の出生届不受理−離婚後300日規定訴訟・岡山地裁(時事通信)
 離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法の規定により、市が出生届を不受理としたのは違憲などとして、岡山県の女性が子を原告として国と同県総社市に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁(古賀輝郎裁判長)は14日、請求を棄却した。
 訴状によると、女性は前夫から暴力を受け2006年から別居した。08年3月に裁判で離婚が成立する前、現在の夫との子を妊娠し、同11月に女児を出産。総社市は同月、民法の規定を理由に、現夫の子として出した出生届を受理しなかった。
 原告側によると、提訴後に現夫との親子関係を確認する裁判所の認知調停が成立。同市は出生届を受理し、女児は戸籍を取得した。
 市が当初不受理とした点について、原告側は「離婚訴訟で裁判所が前夫との長期間別居と夫婦関係の形骸(けいがい)化を認定すれば、現夫の子として受理すべきだ」と訴えていた。 

薬局で化粧品大量連続窃盗、ベトナム人3人逮捕 滋賀(産経新聞)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
ねずみ講事件 IT企業装い若者狙う(産経新聞)
PR
【2010/01/21 01:41 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞) | ホーム | 小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>